Tuesday, November 22, 2016

氷床コア (ice cores)


氷床コア(ice core)、氷環(ice ring) について、





無神論の世の担い手フリーメイソン作のインチキ進化論で洗脳されたインチキの伝道者となっている科学者たちは、北極圏のグリーンランドや南極の氷の層のでき方によると、世界的な洪水はなかったとか、堆積した氷の年数は135,000年だとか、聖書の信用を落とす勝手な主張をしています。

彼らは、1990年にグリーンランドで10,000フィート(3,000m)の氷筒サンプル(氷床コア、ice core)を採取しました。その筒のなかの氷層サンプルには、全部で135,000個の氷環(ice ring)がありました。

それで、彼らはグリーンランドの氷の年齢を135,000年と大胆に主張しました。

彼らの主張によると、
「夏、降り積もった雪の表面が溶け、それが再凍結し透明な氷(clear ice)の層ができ、冬は、単に雪が降り積もるだけで白い氷の層となる」とされています。

それで、透明な氷の層と、白い氷の層の1対で1年であるので、透明な氷の層の数が堆積した氷の年数となるというわけです。



「氷の層が1年を表す」という主張は、インチキであることが暴露されています。



第二次世界大戦のとき、1942年にアメリカの飛行中隊はグリーンランドに飛行機を数機放置しました。それから48年後の1990年に、アメリカの大富豪がグリーンランドの氷の下にある第二次大戦の遺物の捜査に金を出し、電波で263フィート(78.9m)氷の下にある飛行機の1つ(P-38, "Glacier Girl"と呼ばれている)を特定し掘り出しました。














48年間に263フィートの雪が堆積し氷層となっていました。

進化論者が言うように10,000フィートで135,000年とすると、263フィートでは何年になるでしょうか。

135,000 × 263/10000 = 約3550年となります。
しかし、実際は48年に過ぎません。

また48年間に263フィート(78.9m)ということは、
1年では、263/48 = 約5.5フィート(1.65m)氷が堆積したことなります。

5.5f/y からグリーンランドの氷の体積の年代をだすと、
10,000f ÷ 5.5f/y = 約1820年となります。


ケンタッキー州のミデボロー(Middeboro)博物館のボブ・カーディン(Bob Cardin)は62フィート氷層下の遺物の発掘にあたり、その間には何千もの氷環(ice ring)が見られると述べています。しかし、現実はわずか8年でそれらの氷環(ice ring)は形成されています。8f/yのレートで8年経つと64フィートとなります。


つまり、氷環(ice ring)を形成する寒暖の周期は、夏と冬の1年周期ではないのです。
それは、1年間にいくつもできます。



Ice Cores and the Age of the Earth

The Airplanes That Defied Modern Ice Core Dating



アラスカのインディアンたちの言葉には雪や氷の表現が多数あります。それらの異なる種類の雪や氷の体積の仕方は一律ではありません。少なくとも氷層サンプルは進化論のための膨大な年輪とはいえません。


車の屋根に降り積もる雪を筒で採取していくつの層ができているか観察しなさい。
数時間で、いくつかの層を数えるでしょう。




 Ice cores and age of the Earth




Age Indicating Factors: Ice Cores, the Poles & the Lost Squadron



その他の多くの同様な氷層に埋もれた遺物の発見は、フリーメイソン科学者のインチキ解説を暴露しています。


ノアの時代の世界的な洪水の証拠は全世界にあり、インチキ氷床コア解釈などで覆されるものではありません。
全世界に見られれる森林全体の化石化、立ち木のまま炭化しているたくさんの大木(石炭の鉱山)、ツンドラの永久凍土で凍結している無数の動物たち、冷凍マンモス、また世界各地で発見されている巨石文明の遺跡と巨人の骨、世界各地に見られる大渓谷、南極の200mもそそり立つ氷の壁、その他は世界的な洪水とその後の短期間の氷河期を強力に物語ります。





それらの事実を知らない「無知」は、真実を知れば正されます。
それで、クリスチャンは他の人の益のために確信を築く証拠を聖書と現実の世界から提供します。


しかし、証拠を受け入れず意固地に偽りを好む「愚かさ」を正すことはできないでしょう。
イエスの奇跡を目の当たりにしていたにもかかわらず、宗教指導者たちは、それを否定しました。
また、イエスが復活させたラザロを殺そうとさえしました。
つまり、「愚かさ」は邪悪ですらあります。

NASA、スミソニアン協会、その他フリーメイソンのインチキ科学機関は、証拠隠滅や、発明家や研究者たちの社会的、あるいは文字通りの殺害に関与してきました。


ですから「愚かな者」と議論する必要はありません。

マタイ 7:6
6 「神聖なものを犬に与えてはなりません。あなた方の真珠を豚の前に投げてもなりません。彼らがそれを足で踏みつけ,向き直ってあなた方をかき裂くことのないためです。






カバラ (ユダヤ人の神秘主義)・オカルト科学


そもそも、進化論は、地動説、重力宇宙モデルなどと同じで、神を否定するためにフリーメイソンが19世紀にを作ったインチキであり、フリーメイソン科学財団によるインチキ科学のコンポーネント(構成要素)の一つで、いわばガラクタです。


古代に、支配者は宗教権威で人々を支配し、近代に入り科学独裁支配をするようになっています。

宗教も、科学も支配者側のインチキのための道具として機能しています。

また、世を支配している者たちは、古代から続く世の権力者たちの子孫です。

ノアの洪水の後、人類の最初の権力者となった者はニムロデで、神に対抗したこの尊大な支配者の家系は途絶えず、今日まで続いており相変わらず世を支配しています。ロスチャイルド (Rothschild) は自らをニムロデの子孫と言っています。


古代の強大な国家、エジプト、アッシリア、バビロン、ペルシャ、ギリシャ、ローマ、秦、モンゴルなどの権力者たちは互いに戦ったり融合したりして姻戚関係を持ちながら生き延び今日でも過去から継承した権力の座についています。

これらの支配者たちは、そもそもサタン崇拝者であり聖書の神を認めない者たちです。

彼らは、自らを啓発者(イルミナーティ、illuminati)と称し現代社会を政治的な野獣崇拝へ導いています。

イルミナーティ(シオニスト、フリーメイソン)たちは、人々の神への信仰を打ち砕けば、神を意識しない人は、原則ではなく金のために生きるようになること、また良心を変質させ倫理(道徳)を崩壊できると思っています。

それで、19世紀にチャールズ・ダーウィン(Charles Robert Darwin)を用いて進化論を世に広めました。


チャールズ・ダーウィンは、「ものみの塔聖書冊子協会」の創設者のひとりチャールズ・ラッセルと同じく、高位フリーメイソンでした。

イルミナーティの目的は、NWOによる世界支配のために、人々の人間性を失わせることでした。それは、人々の家畜化のための陰険な企てです。




1776年にイルミナーティ階級の設立者であるアダム・ワィスハプト (Adam Weishaupt) は、世界政府 (NWO) のブループリントを発表しました。

それによると、エリートの来るべきNWOのために家畜化された劣った人々の屠殺が計画されています。

ワィスハプトのNWO計画は、後代のイルミナーティ・フリーメイソン・エリートたちに継承され今日に至っています。

ワィスハプトはロスチャイルドの御用学者です。






1848年 
カール・マルクス (Karl Marx) の共産党宣言 (Communist Manifesto)
マルクスは、イルミナーティ、フリーメイソン、シオニストで、ロスチャイルドの忠臣です。










1859年11月24日
高位フリーメイソン、ダーウィン (Darwin) の種の起源 (On the Origin of Species)


人間性(神の像)を破棄するインチキ進化論により20世紀に100,000,000人の人々がイルミナーティ独裁者たちにより家畜のように大量殺害されました。

レーニン、スターリン、ヒトラー、毛沢東、ポルポトは、熱心な進化論信奉者です。





 進化論の哲学は、適者生存、自然選択、弱肉強食です。
イルミナーティのインチキ進化論により人々は家畜化されました。

人々は、生きるために金を必要とし、競争社会でイルミナーティ企業に就職し、大組織の望むままにコントロールできるように飼いならされています。進化論の哲学に騙されている家畜のような人々は国家の戦争を肯定し、大量屠殺場へ引かれてゆきます。



1883年
チャールズ・ダーウィンの従兄弟(いとこ)のフランシス・ゴールトン卿 (Sir Francis Galton) 、「優生学」(eugenics) という言葉をはじめて用いる。

1869年の著書『遺伝的天才』(Hereditary Genius)の中で、彼は、人の才能がほぼ遺伝によって受け継がれるものであると主張した。そして家畜の品種改良と同じように、人間にも人為選択を適用すればより良い社会ができると論じた。

「多くの人間社会は経済的に恵まれない人々と弱者の保護に努めてきた。それゆえにそれらの社会は、弱者をこの世から廃絶するはずの自然選択と齟齬(そご)をきしてきた」とも述べています。





バートランド・ラッセル
Bertrand Arthur William Russell (1872 – 1970)
イギリスの哲学者、論理学者、数学者、貴族
「現在、世界の人口は1日に58,000人ずつ増加している。戦争も、これまでのところ何ら大きな効果をあげることができず、人口増加は両大戦を経てもなお続いている。しだがって、戦争はこの観点から見れば期待外れだった。だが、細菌戦争ならば効果があるかもしれない。(14世紀にヨーロッパの人口を激減させた)黒死病(ペスト)の様なものを各世代に一度ずつ、世界中に蔓延させる事が出来れば、生き残った者は自由に子供を作れるし、世界が人間であふれることもない。その時点での不快感はあるが、それが何ほどのことだろう」



オルダス・ハクスリー
Aldous Leonard Huxley (1894 – 1963)
イギリスの著作家。後にアメリカ合衆国に移住した。ヨーロッパにおいて著名な科学者を多数輩出したハクスリー家の一員で、祖父のトーマス・ハクスリーはダーウィンの進化論を支持した有名な生物学者、父のレナード・ハクスリーは文芸雑誌を担当する文人であった。長兄のジュリアン・ハクスリーもまた進化論で有名な生物学者で評論家、1946年から1948年までユネスコ事務局長を務めている。異母弟のアンドリュー・フィールディング・ハクスリーはノーベル生理学・医学賞受賞者。息子のマシュー・ハクスリーも疫学者・人類学者として知られている。オルダス・ハクスリーは小説、エッセイ、詩、旅行記など多数発表したが、小説によってその名を広く知られている。

1932年に発表した「すばらしき新世界」(Brave New World) の中で、その下層階級は彼らが「生まれる」前に、彼らの知性と大人の背丈を減じ、そして彼らが成長したあかつきに彼らが満たす役割のために彼らを準備させる様々な化学物質に曝(さら)される。アルコールが使われ、下層カーストは少ない量の酸素を受け取り、そして彼らはX線に曝(さら)される。 その下層カーストはまた、彼らを不妊化するためにある特定のホルモンに曝(さら)される。 女性の70%は、子宮の中で男性ホルモンに曝(さら)され、そしていわゆる「フリーマーチン」、つまり男っぽくふるまう不妊化された女性と化す、と書いている。





アウレリオ・ペッチェイ
Aurelio Peccei (1908 - 1984)
イタリアの経済学者、実業家。ローマクラブの創設者、初代会長として知られる。

ローマクラブは1968年4月にロックフェラー (Rockefeller) のイタリアのベラジオ (Bellagio) の別荘で設立されました。

ローマクラブは、25ヵ国の75人の著名な実業家、経済学者、科学者をメンバーとしています。そのプライベート機関は、ビルダーバーグ・グループ (Bilderberg Group)と共に、最重要「外交政策」を決める、イルミナーティ300人委員会 (Committee of 300) の円卓会議 (Round table) の主要な機関です。

メンバーの多くは、NATOから来ています。キャリントン男爵 (Lord Carrington) を通してNATOを2つの政治的派閥に分けることができます。


1973年 9/17日 
全世界的な順応性のある地域分割モデル (Regionalized and Adaptive Model of the Global World System) と題する報告書発刊

その中で、全世界は、王国 (Kingdoms) と呼ばれる、政治的、経済的に異なる地域に10分割されています。



1 North America
2 Western Europe
3 Japan
4 Australia and South Africa
5 Eastern Europe
6 Latin America
7 North Africa and the Middle East
8 Main Africa
9 South and Southeast Asia
10 Centrally Planned Asia



タイプライターで有名なイタリア企業オリベッティとつながりの深いペッチェイは、NWOにより達成される平和と繁栄のための解決策を語っています。

それは、人口抑制 (population control) です。




ローマクラブによれば、あまりにも多くの「ムダめし食い(useless eaters)」がいて、世界にゴミをまき散らし、天然資源を必要以上に消費し、川や土や海を汚しているのだという。解決策は?「ムダめし食い」の数を少なくとも半分の約25億人まで減らすこと。


同1973年、ローマクラブは、人口過剰問題を扱う「成長の制限」 (Limits to Growth) と題する報告書を出しています。


1980年8月 フュージョン誌 (Fusion) で、ローマクラブのメンバーでフロリダ大学の生物学者ハワード・オダム (Howard Odum)は、「アメリカは、50年以内に人口を2/3まで減らす必要がある」と述べています。

1980年 カーター政権に「グローバル2000報告」(Global 2000 Report)が提出され、その中で「急激に増加する世界人口を支える十分の資源はない」と警告しています。また「アメリカの人口は、2050年までに1億人減らすべき」とも書かれています。

その半年後、環境問題諮問委員会から「世界の将来:行動の時」(Global Future: A Time to Act) と題する提案書が出され、その中で避妊、中絶、断種を含む人口制限の強行的な手段が提案されています。

1982年8月 重要機密再考 (Executive Intelligence Review) は、「グローバル2000: 大量殺りく (genocide) の青写真」(Global 2000: Blueprint for Genocide) と題する文書を発刊し、その中で『政権は、提案を「外交問題評議会」(Council on Foreign Relations)、「三極委員会」(Trilateral Commission)、「国際通貨基金」(International Monetary Fund) のような政策センターの意図として解し、その結果2000年までに少なくとも20億人が死亡』と書いています。

ローマクラブは、「無駄めし食い」を除くために、大量殺りく (genocide) を用いるべきだと述べています。



ジョン・ホールドレン
John Paul Holdren
オバマ政権、科学相談役
飲料水や主食にある不妊化剤を添加することは、不同意の出生制御(強制不妊)に対するほとんどの提案・計画よりも、人々をゾッとさせると思われる一つの提案である。. . . それを受け入れさせるためには、そのような物質は危険で不愉快な副作用から自由でなければならない;そしてそれは異なる性、子供、老人、ペットあるいは家畜の一員に影響がないものである必要がある。


イルミナーティの社会工学により、食品添加物、食品・飲料用のプラスチック製品、ワクチン、その他で人を不妊にする人口削減計画が進行中です。

化学物質や環境によって、適者生存で強いものは進化してスーパー人間になることはありませんし、家畜を扱うように薬物を使って人の体調を変えたり、不妊にすることなど許されるべきではありませんが、彼らは、進化論を言い訳に人を家畜として扱っています。


イルミナーティの人口削減計画で、慢性病が蔓延し、不妊となり、戦争や偽装自然災害で屠殺されます。

進化論は、インチキ科学であり人間家畜化のための哲学です。


 環境ホルモンと性機能障害




左側の写真は、
エラスムス・ダーウィン (Erasmus Darwin) (1731-1802)
チャールズ・ガーウィン (Charles Darwin) の祖父、進化論の創設者

フリーメイソン英国王室協会 (masonic British Royal Society) メンバー

腕を交差させるカラバ風の身振りで描かれている。

カバラはユダヤ人悪魔崇拝者の神秘主義思想



彼は18世紀後半のフランス革命以降、キリスト教を破壊し、反キリスト・カバラ主義世界秩序の確立のために、カバラ風オカルト科学をヨーロッパに広めました。

イルミナーティの目論によって、ダーウィン主義 (Darwinism) とオカルト科学 (occult science) による科学独裁支配による反キリストの神を否定する世界が作られています。


右側の写真は、
人差し指で口を封じるフリーメイソンの身振りをするチャールズ・ダーウィン(Charles Darwin)





インチキ進化論は、人種差別の道具でもあります。
自然選択、適者生存、弱肉強食のインチキを振りかざして、人々の階級分けを正当化します。

優生学 (eugenics) により、障害をもつ胎児の間引きがなされ、スーパー人間や、エリートを作るための遺伝子操作がなされています。
これも、人間の家畜化の表れのひとつです。

神を意識しないオカルト科学者たちは、科学技術を用いて神の創造物を都合のいいように変更しようと試みて有害な化物(ばけもの)を作り出してもいます。


チャールズ・ゴールトン・ダーウィン卿
Sir Charles Galton Darwin (1887 – 1962)
チャールズ・ダーウィンの孫

少し深く見てみると、ある種のホルモンの注射によって個人の知的そして道徳的な性質を実質的に変更する可能性がある、すでに動物に対して大きな効果が生み出されている。









江崎玲於奈
ノーベル物理学賞受賞

『いずれは就学時に遺伝子検査を行い、それぞれの子供の遺伝情報に見合った教育をする形になって行くだろう』








毛利衛
宇宙飛行士

各人の遺伝子情報による適正判断・職業配置の社会構想提唱











ノーベル財団も、NASAもイルミナーティの社会秩序のための機関です。


進化論は、ロスチャイルド資本のイルミナーティNWOのためのカバラ哲学であり、反キリスト、神を否定する世界秩序を支えるインチキ科学で、エリートの悪だくみです。

それはまた、エリートのピラミッド支配のための哲学です。古代から現代までエリート・サタンが用いるニムロデ・ピラミッド・システムにより人々は差別化、また家畜化され奴隷とされています。
キリストが天軍と共に戻られれるときにサタンのニムロデシステムは終わります。

ペテロ第二 3: 10-13
10 しかし,主の日は盗人のように来ます。そのとき天(サタンと悪霊たちの権威)は鋭い音とともに過ぎ去り,諸要素(インチキ宗教、インチキ科学、ピラミッド組織)は極度に熱して溶解し,地とその中の業とはあらわにされるでしょう。
11 これらのものはこうしてことごとく溶解するのですから,あなた方は,聖なる行状と敬虔な専心のうちに,12 主の日の到来を待ち,[それを]しっかりと思いに留める者となるべきではありませんか。その[日]に天(サタンと悪霊たちの権威)は燃えて溶解し,諸要素(インチキ宗教、インチキ科学、ピラミッド組織)は極度に熱して溶けるのです。13 しかし,[神]の約束によってわたしたちの待ち望んでいる新しい天と新しい地があります。そこには義が宿ります。


 ルカ 21:25-28
25 「また,太陽と月と星にしるしがあり,地上では,海のとどろきと[その]動揺のゆえに逃げ道を知らない諸国民の苦もんがあるでしょう。26 同時に人々は,人の住む地に臨もうとする事柄への恐れと予想から気を失います。天のもろもろの力が揺り動かされるからです。27 そのとき彼らは,人の子が力と大いなる栄光を伴い,雲のうちにあって来るのを見るでしょう。28 しかし,これらの事が起こり始めたら,あなた方は身をまっすぐに起こし,頭を上げなさい。あなた方の救出が近づいているからです」。





神(創造者)の存在については、以下を参考にして下さい。


第一原因
神が先か、人が先か 
★ 信仰の破船

どっちが先か?






No comments:

Post a Comment